築年数に注目?人気の高い街に安く住む方法を紹介します!

築年数に注目?人気の高い街に安く住む方法を紹介します!

築年数が古い物件を狙おう!

もし人気の高い街に住みたいと思ったら、高い家賃を覚悟しなければいけません。しかし、条件次第で人気のある街に、安い家賃で住むことも可能です。その条件のひとつが「築年数が古い物件」を選ぶことです。例えば、同じような間取りと広さの賃貸物件がある時、新築なら10万円の家賃のところ、築年数30年なら7万円程度になることがあります。このように築年数がかなり経った物件は、新築物件の2割から3割引きの家賃で住めるケースがあります。築年数が古い物件でも、リノベーションがしっかりできている場合は、住み心地が良く、快適に暮らせるかもしれません。外観の古さに目をつむれば、住みたい街で安く住めるため、おすすめできます。

駅から徒歩15分以上の物件を選ぼう!

人気の高い街とはいえ、最寄り駅から徒歩15分以上離れた場所にある物件なら、家賃が安く済みます。どうしても住みたい街があり、高い家賃を払えない場合は、徒歩15分以上の場所にある物件を選んでみましょう。自宅で仕事ができるタイプの仕事についている場合は、駅から遠くてもそれほどデメリットはないでしょう。また駅から物件の間を、必要十分な本数のバスが走っている場合も同様です。終バスの時間を確かめて、帰宅時間でも乗れそうなら問題なさそうです。駅から遠いからこそ、穏やかな雰囲気で、閑静な住宅街が広がっているかもしれません。また、健康のために歩く機会を増やしたい人にとっても、通勤をウォーキングにあてることができるため、おすすめできます。

恵庭の賃貸住宅は、アパートから一戸建て住宅まで揃っています。賃料が安価な所でも緊急通報装置を導入している所もあり、何かあった時でも安心して暮らせる様に配慮された住宅が多いです。