注文住宅を建てる際の住宅メーカーの選び方

注文住宅を建てる際の住宅メーカーの選び方

どこも同じというわけではない

注文住宅を建てる際には、まず最初にどの住宅メーカーに委託するかを決める必要があります。大手メーカーであればどこでもよいと考えている人もいるかもしれませんが、実際にはメーカーによって得意としている建築工法や建物のデザイン、価格帯などは大きく異なりますので、自分がどのような家を建てたいのかを明確にした上で、それを叶えてくれるところしっかりと選ぶことが重要です。例えば同じ大手であっても、平均坪単価が60万円ほどの比較的手頃な価格帯の家を得意としているところもあれば、100万円を超えるような高級志向の家造りを得意としているところもあります。予算に制約があるにもかかわらず、後者のタイプのメーカーに依頼してしまうと後で後悔する羽目になりかねないため、注意が必要です。

営業担当者の力量を見極めよう

注文住宅を建てる場合には、依頼する住宅メーカーの営業担当者の力量を見極めることも大切です。というのも、設計士や大工などの住宅建築に携わるスタッフを集めるのは営業担当者であるメーカーが多いのですが、担当者の力量が未熟だと腕の良いスタッフが集まらずに、家のクオリティが落ちてしまうおそれがあるのです。また、支店長クラスが営業担当者だと、交渉次第で値引きをしてもらえる可能性もありますし、値引きはできなくてもその代わりに住宅設備のグレードを上げてもらえるかもしれません。そのため、住宅メーカーを決める場合は、必ず担当者が信頼できる人物であることを確認するようにしましょう。

本体価格が1,000万円台のものをローコスト住宅といいます。商品開発などの費用削減といった企業努力によって、この価格帯が実現しています。