注文住宅を建築するときの業者の選び方を理解しておこう

注文住宅を建築するときの業者の選び方を理解しておこう

ハウスメーカーの特徴とは

注文住宅を建築するときには、ハウスメーカーに依頼する人は少なくありません。ハウスメーカーは、全国規模でテレビコマーシャルや新聞の大きな広告に掲載されているところが多いです。ハウスメーカーに注文住宅の建築を依頼するメリットの1つは、まずあらかじめブランドが決められていることからデザインをイメージしやすくなることです。また、デザインがある程度決まっていることから、基本的に建築までの時間はあまりかかりません。資材を大量に取り寄せることが多いため、建築費用は安くなる可能性が高いです。さらに、大手の業者が多いことから、建築している途中に倒産するようなこともなく、安心して住宅建築を任せることが可能になります。

工務店や設計事務所の場合はどうか

注文住宅の建築は、工務店に依頼することも可能になります。工務店はハウスメーカーよりも規模が小さいところが多く、どちらかと言えばその地域に密着している傾向が強いでしょう。そのため、その地域にぴったりの住宅を提案してくれる可能性が高いです。工務店はハウスメーカー等と異なり、モデルハウスを所有していないところがほとんどです。モデルハウスを所有していない分、建物の維持に経費がかからないため比較的安い金額で建築できることがあるでしょう。後は、細かな顧客の要望に応えてくれることが多いです。

設計事務所の場合は、住宅の建築は行いませんが、デザイン住宅等を建築するときに活躍します。デザイン住宅を建築する場合には、少し特殊なデザインになるため専門のデザイナーに依頼することが必要でしょう。専門のデザイナーは、大抵建築事務所に所属しています。

一年を通じて天候が良く、暮らしやすいということもあり、県外からの移住者は愛知の注文住宅を選んでいるようです。